自動車・モビリティ

自動車産業は、カーボンニュートラリティーとデジタル化と言う大きな流れに対応していく必要性が高まっています。それらにより収益性が圧迫されていく中、テック企業などの異業種の参入が相次ぎ、競争環境が更に激化することが想定され、過去100年間に亘って続いてきた産業構造やビジネスモデルが問われています。

日本の自動車産業は、これまでモノづくりにおけるオペレーショナル・エクセレンス等、独自性を持って世界リーダーとなっていますが、過去の成功が将来の足かせにならないように、自ら改革を進めなければなりません。

A.T. カーニーは、日本の自動車産業の文脈における深い理解と日本の競争力へ貢献すると言うミッションを踏まえ、グローバルネットワークを活用して、戦略から改革まで幅広いテーマにおいて産業プレーヤーを支援しています。